3月

6

転職を成功させるタイプの社会人は、良い意味でプライドの無い人です

私が中途採用面接の面接官をしていた経験上、沢山の部下をコントロールしていた人物が、転職をする事によって部下の人数が減ってしまう場合は、かなり慎重に採用するかどうかを決めています。

何故かと言うと、転職によって部下の人数が減ってしまう場合、その応募者に精神的に傷をつけてしまう可能性があるからです。

社会人は皆、プライドを持っています。中途採用面接を突破する人は良い意味で『プライドの無い』人です。どういう意味かと言うと、社会で生き抜く為の図太さを持っている人だという事です。

転職であなたの採否に大きく影響するのはあなたが持っている能力だよ。面接官は当然会社の利益になる人を採用したいから、あなたにどんな能力があってどのように会社に貢献できるのかをじっくりチェックしてるんだ。それでは具体的にはどんな能力があれば転職に有利なのかな?  
参考:転職で求められる能力とは / 転職カモの転職エージェントランキング

例えビジネスマンとしての高い能力を持つ人物であったとしても、元の仕事のレベルから今の仕事のレベルに『落とされた』という意識を持ってしまうような人は、面接の段階で見抜いて不採用にしなければなりません。

何故なら、転職する事にコンプレックスを持つタイプの人は、また転職を繰り返してしまうので、結局、それが採用を決める原因となった自分の責任になってしまうからです。

企業のブランド力や規模も、職権や給料以上に世間一般においてはステータスだと見なされていると思います。転職を成功させる為には、前職のステータスを気にしないで『次』に意識を集中できる能力が必要なのかもしれません。

Posted in 天国と地獄の間 | Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>